多角的なカタチ

 市場調査にというかコネ作りのためにというか、あっちゃこっちゃに顔出しています。

 

 過去何十回と毎年開催されているイベントは、定着した来場者があり協力者がいて安定した感がありますが、どうも私にはマンネリ化しているように感じます。その「なぁなぁ感」を求めて来ているお客さんが、それに満足されることでイベントとしては成功していると言えるし、やはり安定感というのは魅力的です。けれども、飽きっぽくて新しいもの好きの私としては、コアなものを保ちつつも、開催毎にガラリと内容も雰囲気も変わるような、多様性を持ったオーガナイザーに憧れます。

 会場や協力者を新たに探すのは骨が折れるし、焦って仕方ありませんが(笑、その土地で奔走するプロセスが、ひいては私とその場所を結びつけるのだと思います。